ネットで見つけた愛人募集掲示板でパパ募集を始めてみたところ、驚くことに何人もの男性から「愛人になって欲しい」という有り難いお誘いを頂くことが出来ました。期待して始めたこととは言え、まさか複数の男性から同時にお声が掛かるとは思いもしていなかった私。それにお客さんから口説かれることはあっても店外で男性からお誘いを受けることなんて今まで皆無でしたので、お恥ずかしながらこの時の私はかなり舞い上がっていました。

 

お誘いを頂いた複数の男性の中から最もお金持ちそうな男性に私は返事を出しました。その男性は51歳、不動産会社を経営されているとのこと。不景気とだと叫ばれて久しい昨今でも会社の業績は右肩上がりで相当羽振りの良い男性と見受けられました。事はトントン拍子に進み、初めてお誘いを頂いた数日後、その男性と顔合わせと称し一度食事を共にすることになりました。

 

当日、その男性が予約してくれているというお店に向かうと、そこは予想に反して意外と大衆的な居酒屋さん。不動産会社の社長さんとの事でしたので高級店とまでいかなくとも、それなりに小洒落たお店を用意してくれると思っていた私は正直違和感を感じ始めていました。しかし気取らない性格で極々一般的なお店が好みなのかなと、それ以上に深くは考えず美味しい料理とお酒、そして楽しい会話を楽しんでおりました。

 

数時間後、「そろそろ行こうか」という男性の言葉を合図に店を出た私たち。ホテルに連れて行かれると覚悟を決めた私でしたが、連れて行かれたのは古めかしいラブホテル。ホテルには違いありませんがまさかラブホテルだとは。しかしここまで来て引き返すことは出来ません。愛人契約を交わしてもらうため私は男性に全てを委ねチェックイン、そして、メイクラブ。

 

事を終えウトウトしてしまった私。目を覚ますとそこに男性の姿はありませんでした。連絡も音信不通。そうです。私は愛人契約を交わしてもらうどころか、ヤリ逃げをされてしまったのです。